fc2ブログ

プロフィール

peace2014

Author:peace2014
KOBEピースiネットのブログにようこそ!
平和をめざす神戸市民のアクションを大きく育てるために力を合わせましょう。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月末のできごとと11月のアクション

161016_0957~01
秋です。赤い実に会える秋です。この子は「美男かづら」。ほんとにきれいな実。でもこうして枝を切ると3日できたなくなってしまいます...

【できごと】
10・29 KOBEピースiネット主催のドキュメンタリ上映&トークの集い
神戸生活創造センターセミナー室で、20名の参加で開催。
原題:Non-ID Refugees (身分証明のない難民)
人口400万人のレバノンには200万人を超える難民が暮らしています。パレスチナに隣接していることから、「イスラエル建国」の時から故郷を追われたパレスチナ人が大勢レバノンに逃れてきました。混乱の中で身分証明書がなく、就職、結婚、教育、医療のすべてで苦労している姿が、当事者が自ら物語る形で表現されていきます。苦労という言葉は生易しいと思えるほど。パレスチナを襲った惨事とともにその後の難民の境遇を知ると、そんな世界であることに驚愕と戦慄を覚えます。そして、シリアへの大国の武力干渉が始まった2011年以降、シリア難民が生み出され、その数はいまや数百万人。2015年にはその前年の二倍の160万以上が難民となることを余儀なくされました。
日本は今年1~6月に難民申請された5000人のうち4人しか認定していません。
そして空爆を続ける米国を支持しています。テロ撲滅の方法として人が住む町への空爆はオプションから外さないと、新たな犠牲者がこれからも生み出され絶望がまん延します。それは新たなテロの温床にもなるでしょう。
参加者20名の小規模なイベントでしたが、しっかり事実を知っていくことが大切、と確認できました。
日本をどう思うかと質問された制作者のガビさんは「人々が世界にまったく無関心で、まるで別世界だと感じた」と言います。そんな日本での滞在中にパレスチナ難民二世として知ってほしい事実を伝えるために精力的に上映活動を続けてこられました。関心のある方はご連絡ください。DVDをお貸しできます。rainbowmanndara@hotmail.co.jp
「難民」という言葉にひとたび敏感になると新聞でもいくらかは記事が見つかります。
朝日新聞が伝えていたシリアのある少女の言葉、「私は大人になれたらジャーナリストになる。私たちのこんな境遇が放っておかれているのはこれが世界の人に伝わっていないからだから」という言葉に返す言葉がありません。世界に無視されている、放置されている、という指摘はガビさんの作品の中でも何度も聞かれました。


10・30 三宮での外国・外国人への敵愾心を燃やす団体のデモを批判して市民が集結
161030_1338~01
「ヘイトスピーチは日本の恥」「ヘイトスピーチという犯罪にNO」「すべての人に尊厳と人権を!」などのメッセージカードをもってアピールする市民たち。

昨日の午後は、どこかの団体主催ではなく、SNSで広がった呼びかけに応じて、差別を憎む市民100人以上が「ヘイトデモ中止!」とコールしてヘイトスピーチをふりまくデモに対抗しました。対抗(カウンター)側のほうが人数が多く、圧倒していましたが、それより警官の数が多く150名ほどが30名ほどのデモ隊の護衛みたいにそばについて行進。

161030_1434~01

ヘイトスピーチ解消法が施行されているのに、最初に一回そのことをマイクで言っただけで、あとは野放し。明らかに特定の国やその国の人を攻撃するコールと横断幕に注意もしませんでした。カウンターの人数が多くて参加者は意気揚々だったけど、二度と見たくないと思いました。国と国の間の敵意を煽る人たちに対して「ヘイトデモ中止!」と叫ばなくてもよくなるまで神戸は平和な町とはいえません。ただ、ヘイトスピーチ解消法施行を受けて、カウンター側の行動はほとんど規制されず、無届デモみたいになって歩道に広がっていたのは大きな変化です。前は警官に取り囲まれ押し込まれていたこともありました。SNSを通じて急きょ集まったのは年配の人が多く、カウンター常連の若者が「今日はお年寄りが多いね~」と言ってたとか。励ましになったのかしら?

【11月のアクション】
連続学習会第二回「日韓が真の隣人になるために」
11月26日(土)
13:30~16:30
新長田勤労市民センター講習室1 
参加費:1000円、避難者・学生 半額
講師:韓国問題研究所代表 康宗憲(カン ジョンホン)さん
主催:対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク
   KOBEピースiネット
協力:神戸学生青年センター 
問合せ:高橋ますみ 080-6799-5775 rainbowmandara@hotmail.co.jp

こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGOの19アクション
戦争強行採決の日、19日は今も神戸周辺の市民が民意を示す日あるいは学習を深める日として定着しています。10月はTPPについての学習会を開きました。
11月は街頭で意思表明をします。
★沖縄で民意を無視して米軍基地建設が強行されていることにNO!
★くらしを脅かすTPP批准にNO!
★自衛隊を南スーダンから戻せ!
花時計前に14;00までに集合➡集会
15:30デモ出発
16:15解散

スポンサーサイト



<< 日本の中から平和を!(琉球新報のこと) | ホーム | 本の紹介(2)と10月のアクション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム